トイレリフォームですっきりタンクレストイレに!メリットやデメリットは何がある?

タンクレストイレが登場してから20年以上が経ちました。

普及率はそれほど高くないものの、家を新築するときやトイレリフォームするときにタンクレストイレを採用したいと考えている人は多いです。(参考資料 ... トイレリフォーム ... 交換できるくん)

採用するに当たって考慮しておきたいメリットやデメリット、価格などについてまとめてみたので、よかったら参考にしてください。

トイレリフォームは安い?高い?平均価格を紹介

タンクレストイレの概要

タンクレストイレは、名前の通り水を溜めておくタンクのない便器のことです。従来のトイレは便座の後ろに付いているタンクに水を溜めておき、流すときにタンク中の水の重みで流すという仕組みですが、タンクレストイレは水道管から直接水を流す仕組みになっています。

初めて発売されたのは1993年。TOTOの「ネオレスト」が、日本初のタンクレストイレでした。開発の理由は、日本の狭いトイレに対する配慮と、タンクに水が溜まるまで流せないという不都合を解消するためでした。

水道管直結と聞くと、流すのが簡単そうに思えるかもしれませんが、便器ボウル内を洗浄する水と下水管に流し切る水をコントロールする必要があります。そのため、TOTOではマイコンを搭載し、流す水を制御する方法を考えました。

マイコンとはマイクロコンピューターの略で、炊飯ジャーでよく聞く単語かと思います。実は冷蔵庫や洗濯機など、ほとんどの家電製品にはマイコンが搭載されており、現代の生活には欠かせない部品となっています。なお、温水洗浄便座もマイコンによるコントロールです。

タンクレストイレのメリット

狭いトイレに配慮して開発されただけに、タンクレストイレはトイレスペースが広くなることが最大のメリットと言えます。タンクありトイレの奥行きは80cmが一般的で、タンクレストイレの奥行きは70cmが一般的です。

一般的な戸建のトイレは奥行きが約170cmなので、10cm余裕が生まれると考えると、侮れないサイズではないでしょうか。新築やトイレリフォームの際にタンクレストイレを採用してみたいと考えている人は、コンパクトな点と掃除のしやすさに魅力を感じている傾向が強いです。

たしかにタンクがなくなるだけで掃除する箇所が減るので、家事の時短につながる可能性は高いですよね。

それに加えて、デザイン性の高さに魅力を感じている人も少なくありません。すっきりした見た目に先進的なイメージを抱く人もいるため、今後はタンクレストイレの普及が進み、タンクありトイレが少数派になるかもしれません。

また、温水洗浄便座が標準搭載という点にコストパフォーマンスの高さを感じている人も一定数います。

タンクレストイレのデメリット

タンクレストイレはタンクがないだけに、手洗器が別途必要です。トイレスペースを10cm広くできても、手洗器にスペースを取られてしまっては元も子もないという家庭もあるでしょう。この辺りは、各家庭のトイレ面積を考慮して決定する必要がありますね。

ただ、近年はタンクありトイレでも手洗器を別に付ける家庭も増えてきました。タンク上で手を洗うと水沫が飛んで、壁紙が汚れたりボロボロになったりすることがあるので、手洗器が別に欲しいと考えている人は少なくありません。

また、小さい子どもはタンク上まで手が届かないという点も問題です。タンクレストイレはマイコンでコントロールしているため、停電などで電力が使えなくなると基本的に水が流せなくなるのもデメリットです。停電時に水を流したいときは、便器ボウルにバケツなどで水を沢山入れて押し流す必要があります。

しかし、一部のタンクレストイレは停電時に備えて、手動レバー付き便器になっています。始めからこうしたタイプのものを選んでおくと安心ですね。その他にも、水圧が弱くなるマンションの高層階では設置できない可能性があるので注意が必要です。

ブースターを付けるなどの工夫で水圧を調整することも可能ですが、その分費用がかかることは考慮する必要があります。また、タンクレストイレは洗浄機が一体型になっており、故障した際は部品だけ交換することができません。

メーカーメンテナンスを受ける場合は対応までに時間がかかることもありますし、修理費も嵩む傾向にあります。もし寿命を迎えたと判断された場合は、便器を丸ごと交換することになります。

タンクレストイレの価格

タンクレストイレは、15~30万円くらいの幅で販売されています。機能が多いものほど高価格になると考えて良いでしょう。一般的にタンクありトイレの方が低価格ですが、優れた機能を搭載しているものはタンクレストイレと大きな価格差はありません。

メーカー別タンクレストイレの紹介

主力メーカーはTOTOとパナソニック、リクシルの3社です。

TOTOが販売するタンクレストイレは「ネオレスト」シリーズで、価格は20~26万円が目安です。ネオレストは「ひとつ上のきれいへ。」をコンセプトに、単に汚れに強く、掃除がしやすいだけでない便器を開発。

少し掃除をサボるとできてしまう便器ボウル内の黒ずみは菌が原因ですが、ネオレストは除菌水を流すことでこの問題を予防。除菌水といっても薬品や洗剤は不使用で、環境も汚しません。また、元々便器の表面に特殊ガラス層が焼き付けられているため、汚れが付着しにくいです。

耐久性が高く、長期使用に耐えられます。さらに、よく使う時間帯に合わせて、便器に付けた脱臭カートリッジによる脱臭作用が機能します。パナソニックが販売するタンクレストイレは「アラウーノ」シリーズです。価格は15~20万円が目安、TOTOに比べてリーズナブルですね。

便器に水族館の水槽にも採用されている有機ガラス系の素材を使っているため、ネオレスト同様に汚れにくいです。市販の台所用合成洗剤を入れておくと、流すときにミリバブルとマイクロバブルの2種類の泡になって、便器ボウル内を洗浄してくれます。

この泡は、男性の立小便時にも役立ちます。用を足す前にボタン操作で便座を上げると水面に泡が出てきて、小便の飛び散りを泡で抑えるという仕組みです。さらに便器の縁が3mm高くなっており、小便が外に垂れることも防ぎます。

流すときは、独自開発のスパイラル水流や3D対スター水流で、節水しながらパワフルに洗浄します。リクシルが販売するのは「サティス」シリーズです。価格は16~30万円が目安です。満足を意味するサティスファイが名前の由来となっています。

リクシルが便器表面の材料に選んだのは、ガラスではなくセラミックです。「100年クリーン」を謳うアクアセラミックは洗浄時や掃除時に汚物を浮かせて流し、水垢の固着を化学的に予防します。また、銀イオンが黒ずみを作る菌を抑制してくれます。

パナソニック同様に、泡で小便の飛沫を抑えてくれるのも魅力です。用を足した後は、少ない水で便器ボウルを隅々まで洗ってくれるパワーストリーム洗浄が作動、便器の縁も掃除がしやすい形状に作られています。特に上位モデルの「サティスノーブルレーベル」は時代を超越した製品と呼べる美しさを追及したシリーズです。

高いデザイン性を求める人はチェックしてみてはいかがでしょうか。